SUPER GT2021 AUTOBACS SUPER GT REPORT

Rd.6オートポリス

予選レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

PPは叶わなかったが、明日は4番手から表彰台を目指す

2021年のSUPER GTもこのオートポリスで終盤戦に突入する。2年ぶりに行われるこのオートポリスで、ARTAは何とか復活の狼煙を上げたい。
午前のセッションは福住仁嶺がステアリングを握る。バランスを見ながら走行メニューを消化していくが、なかなか思うようなタイムが出せない。… 詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

フリー走行で痛恨のクラッシュ、修理は間に合ったがセット詰めきれず、後方からポイントを目指す

午前のセッションは佐藤蓮から走行を開始し、セットの確認を行った。サクセスウェイトは重いものの、バランスは悪く無さそうだ。1時間あまり走行し、高木真一に交代する前に、佐藤は痛恨のクラッシュを喫してしまう。… 詳しく読む

決勝レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

「優勝」の二文字をやっとのことで掴み取る!

水曜日に阿蘇山の噴火があったのでレースの開催が心配されたが、何の影響もなく決勝日を迎える事が出来た。今日のオートポリスの気温は低いが朝から快晴だ。
スタートドライバーは福住仁嶺。福住はクリーンなスタートを切り、ポジションをキープしたまま、1コーナーを抜けて行った。…詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

昨日のセットアップ不足が響いたか、後半バランスが崩れて上位進出できず

スタート前のウォームアップ走行で、トランスポンダー(ラップタイム計測に必要な発信機)に故障があり、出走が危ぶまれたが、ギリギリで装着が出来て、高木真一がスタートを切った。…詳しく読む

Rd.5スポーツランドSUGO

予選レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

ようやく掴んだPP、明日は全集中で優勝を目指す!

2年ぶりに行われるここSUGOからついにシーズン後半戦が始まる。#8 ARTA NSX-GTは13ポイントを獲得し、ランキングは11位となっている。ここから巻き返してチャンピオン争いに加わりたい。… 詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

電気系トラブルでQ2進出も危ぶまれたが、見事5番手で決勝に挑む

午前のセッションは走り出しから調子が良く、2番手のタイムでセッションを終える。今回も#55 ARTA NSX GT3はQ1をA組で出走。セッション開始と同時に高木真一がコースインするが、ここで予想外の電気系統のトラブルに見舞われてしまう。… 詳しく読む

決勝レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

ペナルティがペナルティを呼ぶ負のスパイラルに。しかしマシンは好調なので次戦に望みをつなぐ

スポーツランドSUGOは朝から天候に恵まれ、絶好のレース観戦日和となった。
フォーメーションラップは2周の予定だったが、隊列が整わなかったという理由で3周後にスタートが切られた。決勝レースは84周だったが、これにより83周のレースとなった。…詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

高木が猛追して、佐藤蓮が引き継ぎ2位表彰台

スタートは隊列が整わず、3周のフォーメーションラップ後にスタートが切られた。
最初のスティントは高木真一が担当。高木は1周目を終えた時点で順位をひとつあげてきた。2周目には更に1台抜き、3番手までポジションアップに成功。車のバランスは良さそうだ。2番手は同じNSX GT3の18号車だ。…詳しく読む

Rd.3鈴鹿サーキット

予選レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

BSタイヤではトップだが競合メーカーには届かず予選は5位

5月に開催予定だったSUPER GT第3戦が延期され、ようやくこの8月に開催される事になった。
午前のセッションは天候が安定せず、セットを進めるには難しいコンディションだったが、チームは予定通りの走行メニューを消化していった。… 詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

バランスはいいがそれがタイムに結びつかずQ2進出ならず

前回のレースでは予選も決勝も不本意な結果に終わったが、今回は挽回すべく鈴鹿に乗り込んだ。しかし、午前のセッションでは思ったようにパフォーマンスを上げる事が出来ないまま予選を迎える事になった。… 詳しく読む

決勝レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

マシンが昨日から急変、今日のコンディションに合わせきれず

スタート前のウォームアップ走行で決勝セットの確認を行い、スタートドライバーを務める福住仁嶺はグリッドについた。2周のフォーメーションラップのあとにスタートが切られた。…詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

ドライバー・チーム・タイヤのコンビで22番手スタートから7位ポイント獲得

スタートドライバーは高木真一。前車がコースアウトしたため、高木は1周目に21番手でメインストレートを通過。
高木のペースは良く、2周目は20番手にポジションアップ。…詳しく読む

Rd.4ツインリンクもてぎ

予選レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

チーム予想に反してQ1突破できず、原因究明して明日の決勝に挑む

第3戦の鈴鹿大会が新型コロナウイルスの影響により延期になったため、約2ヶ月ぶりのSUPER GT開催となった。久しぶりのレース開催で、監督、ドライバー、スタッフともに士気があがっている。… 詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

セット決まらず難しい予選、明日は20番手からポイントを狙う

昨年のツインリンクもてぎでのレースは予選が不調だったが、決勝では何とか挽回してポイントを獲得出来た。今年は真夏に行われるレースなので、暑さ対策も考慮しながら昨年以上の結果を期待したい。… 詳しく読む

決勝レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

抜きづらいもてぎでポジション4つ上げポイントゲット

気温33℃、路面温度51℃という高温の中、フォーメーションラップ2周を消化し、第4戦が始まった。
スタートドライバーは福住仁嶺。福住は慎重にスタートを切り、9番手をキープしたまま周回を重ねる。…詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

猛暑の中追い上げるもクールスーツ故障、佐藤熱中症で戦線離脱

スタートドライバーは高木真一。高木はポジションを2つ上げて、18番手で1周目を終える。8周目あたりから、高木はブレーキの温度が上がってきた事を無線で訴えてきた。高気温の為、クーリングしながらのレース展開となったが、…詳しく読む

Rd.2富士スピードウェイ

予選レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

3/1000秒差でポール逃すも目標は明日の結果

開幕戦の決勝は速さもありポイントが獲れたものの予選でのポジションが良くなかったので、今回は何とか良い位置からスタートしたい。午前のフリー走行から#8 ARTA NSX-GTは好調で、福住仁嶺は2番手のタイムを叩き出している。… 詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

新人の佐藤蓮が自分の走りを修正してみごとにP2獲得

新人の佐藤蓮は、速さはあるもののコーナーにオーバースピードで入って行ってしまうところがあり、SUPER GTのようなツーリングカーのタイムの出し方に慣れていない部分があった。しかし、佐藤の習熟は早かった。… 詳しく読む

決勝レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

結果は8位だが中身の濃い充実したレースで次戦に期待

昨年は新型コロナウィルスの影響で全8戦が300kmのレースで開催されたが、今回のレースはゴールデンウイーク恒例の500kmレースだ。3スティントのレースを存分に楽しんでもらいたいと、久しぶりの長丁場のレースにチームは万全の準備をしてスタートを待った。…詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

マシンのセット不足を二人のドライバーが見事にカバーして3位表彰台

スタートは佐藤蓮。無難なスタートで2番手をキープしたが、2周目には3番手にポジションを落としてしまう。3周目に500クラスの車両が白煙を上げて2コーナー先でストップしてしまいSCが導入される。6周目に車両の回収が終わり、リスタートが切られた。…詳しく読む

Rd.1岡山国際サーキット

予選レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

午前トップタイムも、コンディションの変化でグリップに変化?

新型コロナウィルスの影響で昨年はここ岡山でレースが開催されなかったが、ようやくこの地に戻ることが出来た。今後は少しでも早くファンの皆さまが安心して入場出来るように我々は感染拡大防止策を徹底していきたい。… 詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

ベテラン高木と新人佐藤で明日は上位を狙いたい

今年のドライバーは昨年に引き続き高木真一を第1ドライバーとして起用。第2ドライバーは新進気鋭の佐藤蓮。佐藤はレーシングカート時代から数々のチャンピオンを獲得。今年はARTAのドライバーとして活躍が期待される。… 詳しく読む

決勝レポート

GT500 ARTA NSX-GT #8

マシンも改善して後方から7位まで浮上するがレベルアップが課題

昨日の予選が不本意だったため、ドライバー、エンジニアは綿密なミーティングを夜遅くまで行い、今朝はセット変更のためメカニック達は朝早くから作業を始めていた。…詳しく読む

GT300 ARTA NSX GT3 #55

佐藤蓮は初めてのレースながらアクティブな走りを見せるも接触して初戦は終了

スタート前のウォームアップでは決勝のセット確認を行った。オフシーズンのテストから悩んでいたオーバーステアが消えたようだ。セット変更の方向性は間違っていなかった。…詳しく読む